Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

WordPressのレシピ | July 22, 2019

Scroll to top

Top

WordPressで、URLの指定だけでリンク付きスクリーンショットを自動生成する「Browser Shots」プラグイン

WordPressで、URLの指定だけでリンク付きスクリーンショットを自動生成する「Browser Shots」プラグイン

| On 02, 6月 2014

Pocket

他のサイトを紹介する場合などでスクリーンショットを使用したいとき、通常であれば画像ソフトを使って画像を作成する必要があります。しかし、プラグイン「Browser Shots」を利用すれば、URL を指定するだけで、自動でスクリーンショットを作成してサイト内に埋め込んでくれます。またその画像のクリックで、その URLへジャンプする機能があります。

インストール方法

「Browser Shots」は公式プラグインに登録されています。ダッシュボードのプラグイン検索から「Browser Shots」と検索するとヒットします。インストール後はプラグインを有効にしておきます。

Browser Shots イントール

利用方法

ビジュアルから記事を投稿するときに、カメラアイコンが表示されます。

Browser Shots アイコン

使い方は簡単で、クリックすると順に設定ダイアログが表示されますので、まずは横幅を(デフォルトは600)、次に対象URLを指定します。
Browser Shots 幅設定
Browser Shots URL設定

すると、以下のテキストが挿入されます。

実際に表示した画面は以下のようになります。

Browser Shots 使用例

なおこの画像は自分のサーバー環境には保存されません。また画像は取得時点のままでもリアルタイムでもなく、定期的に更新されるものですので、目的によっては注意が必要です。スクリーンショットが存在していない場合には、新規に作成するため、少々時間が掛かることがあります。以下のような画面が表示されれば、作成中ということです。

Browser Shorts 作成中画面

プラグイン「AddQuicktag」と一緒に使えば1アクションでタグが挿入

AddQuicktagをインストール後、以下のように設定を行っておきます。すると、作成されたボタンクリックで指定したタグが挿入され、あとは URL を書き換えるだけですので、併用すると便利に使用できるようになります。

AddQuicktagを使用
(クリックで画像を拡大)