Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

WordPressのレシピ | August 19, 2019

Scroll to top

Top

「WP External Links」の使い方 – 外部リンクだと自動的に新規ウィンドウ、アイコンを表示してくれるWordPressプラグインは「WP External Links」は、SEO対策にも効果的!

「WP External Links」の使い方 – 外部リンクだと自動的に新規ウィンドウ、アイコンを表示してくれるWordPressプラグインは「WP External Links」は、SEO対策にも効果的!

| On 14, 5月 2014

Pocket

サイトを見る側も運営者にもとても便利なプラグイン

突然ですが、せっかく辿り着いてもリンクを開いたらそのままページが更新され、色々見ているうちにどうやってさっきのページに行ったのか分からないなんてことは無いだろうか。それは見ている側で起こる問題だが、サイト運営者としての立場から言うともう自分のページに戻って来てくれないかもしれないということになる。これはそんな事態を回避出来るかもしれないプラグイン。

WP External Linksとは

簡単に言うと、どこかのページを見ていた時に、外部リンクがあったとして、そのリンクを開こうとした時に、デフォルトでブラウザの新しいページで開いてくれるというもの。今回はこちらののページを参考 http://netaone.com/wp/wp-external-links/ この機能のいいところは、今回のようにリンクが貼ってあるページを閲覧している時に今のページをそのままに新たにリンク先ちょっと確認しに行きたくなる時等に新たなページを新規で開いくように設定出来るところ。※因にこのページでも新規でページが開く。参照先に飛んだ際、新たなタブもしくはページではなく、このままページを更新されてしまうと、さっき見ていたページどこだっけ?なんてことになりかねない。場合によっては、いちいち、command+tabキー(Windowsの場合は、Ctrl)で新たなタブを開いて、リンクのURLをコピーして、貼付けることもあるが、たいていはそれがめんどくさくてもう閉じてしまう。これがサイトの運営者側からすると、せっかく見てくれた人がこの機能が無いためにもう訪れてくれなくなるかもしれない。また、自分が運営している他のサイトに誘導したい時などにも良いプラグインだ。

設定方法は以下の通り

1、プラグイン項目から、WP External Linksを検索。

2、インストールしたら、有効化

スクリーンショット 0026-05-15 9.44.16

3、External Linksの項目から必要事項にチェックを入れて完了。

スクリーンショット 0026-05-15 10.32.03

テキストの下にアイコンを表示することも出来ます。

スクリーンショット 0026-05-15 9.53.35

no-follow設定も有効利用

no-follow設定出来るので、信用が無いリンクを貼る時や「ちょっと危険かも」というリンクを貼る時は有効利用出来るのではないだろうか。こんな簡単に設定出来るので、サイトを訪れた方のためにも、運営されている方のためにも早速導入してみてはいかがだろう。